トップページ

doratyan50「田嶋・T・安恵」作「ドラえもん」を公開!

今回「ドラえもん」の最終話を勝手に作り出版、販売をしていた騒動で「田嶋・T・安恵」と名乗る37歳男性が謝罪!

Photo

藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の最終話を勝手につくって漫画化し、販売した男性(37)が、出版元の小学館(東京都千代田区)と著作権を持つ藤子プロに謝罪し、売上金の一部を支払っていたことが29日、分かった。小学館などによると、「最終話」は20ページの冊子で、電池切れで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者に成長したのび太が修理し、よみがえらせるというストーリー。絵も本物にそっくりだった。同様のストーリーは1998年ごろからネット上で出回っており、男性が「田嶋・T・安恵」の名で2005年秋ごろに漫画化。一部約500円で書店に販売を委託し、昨年夏までに約1万3300部を販売したとみられている。

今回の騒動により販売をしていた委託会社も販売を中止をし、問題作品を読むことができない人が何万人と溢れている。問題になってからは表紙のみの公開が多く中身を見ることのできるのは販売時に買い求めた人のみになっている。田嶋・T・安恵は「今後このように出版社に迷惑のかからないようオリジナルの本を書いていきます」とコメントを残していた。しかし出版社からの意見としては「このような騒動があるからには絵描きを自脱してほしい」など絵描きをやめてほしいの声があがっている。

Photo_2

問題の本の表紙と裏表紙になっており手がけている絵も藤子・F・不二雄さんの絵にソックリである。

最終話の話を見るには田嶋・T・安恵作の「ドラえもん」表紙、裏表紙の画像をクリックして見ることができます。

田嶋・T・安恵はドラえもん以外にもこのような漫画を描いており同人誌とは呼べぬほど似ている作品が多く大まかに報道されたのはドラえもんであるが他にも多々作品にも謝罪をしている。その作品は最終話があやふやな作品などである。

世紀末リーダーたけし続…田嶋・T・安恵 

ラッキーマン~その後~…田嶋・T・安恵 

タイトルをそのままのせてみました。をクリックで内容を確認することができます。

|

トップページ

ニュース」カテゴリの記事